手汗を抑える制汗ジェルクリーム登場

スキンケア大学にも掲載された手汗を抑える制汗ジェルクリームがあります。
紙がシワシワになったり、握手が苦手だったりと手汗の悩みは数え切れないほどですよね。

 

フレナーラ

 

手汗の原因は汗腺にあり

汗腺(エクリン腺)

人間の手のひらには汗の出る器官、汗腺(エクリン腺とも言います)が多くありますので、元々多く汗をかきやすい場所のひとつなんです。

つまり、体感で感じる暑さ以外でも緊張したり、興奮したりで手のひらに汗をかく精神性発汗が起きるのは通常の反応ということです。
手汗のメカニズムは自律神経が影響を受けて発汗が起きます。
身体の状態はこの自律神経が司っており、自律神経がオンになる(交感神経)と興奮状態になり、逆にオフになる(副交感神経)とリラックス状態になります。
交感神経が入った状態になると身体は緊張するため、手汗をかき始めます。
人間であれば、日常的に手汗をかくわけですが、周りを気にするほど手汗をかく人は汗が出てくる汗腺の量が他の人より多く、それが原因で手のひらがビチョビチョになるくらい沢山手汗をかくのです。

 

手汗を抑えるのにワキ用の制汗剤が効かないワケ

ワキと手のひらでは汗腺であるエクリン腺の量がぜんぜん違い、もうひとつの汗腺、アポクリン線がワキには多くあります。
ワキ用の制汗剤はニオイの原因になるアポクリン線に作用するように作られているため、手汗を抑える成分がそもそも入っていないのです。
アポクリン線から出る汗はニオイの原因と言われており、身体の主に脇の下や乳輪、おへその周り、陰部の周辺に多くあり、そこから出る汗が細菌により分解され独特のニオイを発するようになります。
ワキ用の制汗剤を手のひらに対して使うと、その成分の違いから肌の弱い人はかゆみを感じたりすることがあります。
手汗を抑えるには、手汗対策の制汗剤しか使ってはいけないということになります。

 

手汗を抑える対策制汗ジェル「フレナーラ」

手汗に悩まされている女性のために開発されたフレナーラは、手汗対策用の制汗ジェルです。
手汗の原因である汗腺、エクリン線に作用するように薬用ジェルが汗腺に浸透し、気になる手汗を防いでくれます。
手汗がヒドくて恋人と手をつなげない。
人と握手するのが気まずい。
書類を書く時にタオル無しでは書けない。
そんな女性のためにフレナーラは誕生しました。

 

フレナーラ

 

フレナーラは見た目も考え抜かれたデザインを採用

フレナーラの形状

従来の制汗剤製品は、いかにもというデザインでした。
(ドラッグストアで見かけるとすぐに分かってしまうデザインですよね)
フレナーラは、プッシュ式のハンドクリームタイプのデザインを採用しています。
内容量はちょうど1カ月分の十分な容量ですが、このようにスッキリとしたデザインですので、どこで使っても、普通にハンドクリームを塗っているようにしか見えません。
もちろん、ハンドクリーム同様に肌のしっとり感は損なわれません。

 

まずは、180日間の返金保証が受けられますので、気軽にフレナーラを利用してみませんか。
自分の肌に合うか、じっくり試してもらって、満足できなければ空の容器を返送すれば、初回分の商品代金全額が返金されます。
定期コースが1年、半年、120日間と用意されているので、好きなプランを選んでお試しください。

 

フレナーラ

↑バナーはまだ更新されていませんが、公式サイトは180日間保証になっています。